◆おせち料理

●おせち料理は、平安時代の宮中行事が始まりだそうです。

現在の お重に詰められる形は、明治以降。

おせち料理は本来、神様にささげるための宴料理だったので、

中に詰める お料理も意味のあるものを詰めています。

詳しくは、

いろんなサイトに書いてありますので、そちらを参照にしてくださいませ。

IMG_7053

 

手作りなので、少し彩が地味になりましたが、

赤 橙 黄 緑 白 黒 が 入っています。

彩とは大切なもの。

味はもちろん大切ですが、見た感じも大切に。

 

お重の中が地味目になった分、

マットとお椀の 赤と黒 で ダイナミックさを出して華やかに!

赤は、「お祝いの色」にふさわしい色です。

 

 

 

IMG_7055

今朝の庭です。

昨日のお昼から降り積もった雪はまだ融けずに

辺り一面 真っ白な 雪景色に模様替え。

白で覆いつくされた景色は、清らかな気持ちにさせてくれ、

新しい年のスタートにふさわしい 「始まりの色」 になりました。

 

・・・・・・・・***・・・・・・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

アッズママンについて

「夢のあるところに人は集まる」
人にはそれぞれ夢があります。
今、自分の夢がわからない人も、ほかの人の夢を聞くことで、忘れていた夢に気づくこともあります。
そして、一人ひとりの心の中にアトリエという空間をもってもらい、夢を形にしていく。
「そのお手伝いができたらいいな。」と思いAtelier Azzumamanをつくりました。

更新のお知らせ

アーカイブ