◆美色コーディネート講座★初級 (第3回)

 

初級のレッスンは、国慶節が途中に入ったり、日本と中国の関係やらで、

4週間も間が開いてしまいました。

 

それで、レッスンが始まる前に、ウォーミングアップとして、

前回までにお伝えした内容の復習をしました。

 

もう、パーフェクト!

みなさま、4週間のブランクを感じさせない色への関心?!

すぐに、3単元のレッスンに入ることが出来ました!

 

 

 

 

本日のレッスンは ぶっ通しの『色彩学』でした。

 

色と言うのは、

・何色なのか?(色相) 

・明いのか、 暗いのか?(明度) 

・鮮やかなのか、 くすんでいるのか? (彩度)

この3つの要素(三属性)によって

「その色」というのが決まってくるんです。

 

「ん~こんがらがる~!」って思われた みなさまでしたが、

私もそうでした。

でも、徐々にわかってきます。 少しずつね!

 

 

 

 

そしてこの単元で、ちゃんと理解していただきたかったのは、

色には、ブルーアンダートーンイエローアンダートーンがあるということ。

そして、それは私たちの肌の色にも、

それぞれブルーアンダートーンイエローアンダートーンがあるということ。

だから、似合う色と、そうでない色が存在すということ。

 

本日は、色彩の理論をお伝えしました。

思っきし お勉強モードでしたが、

その中でも「びっくり!」「楽しみ~!」のお声をいただきました。

 

「私は寒色系が好きで、寒色系の色の洋服ばかり買っていました。

けれど、暖色系の中でも、自分に似合う色があると聞いて、

色のレパートリーが増えると思うと、これからのレッスンが楽しみです。」

・・・似合う色というのは寒色、暖色ではなく、下敷きになっている色が

青色なのか、黄色なのかということなんですね。

だから今まで目を引かなかった暖色の中でも似合う色があるので、

これからのレッスンを通して探していきましょうね!

 

「赤などの暖色を見ることで、

 体感温度が3度も上がるなんてびっくりしました。」

「私はピンク色が苦手なんですが、

 似合うピンク色があると聞いて楽しみになってきました。」

・・・暖色や寒色の効能は、見て感じるだけではありません。

色というのは電磁波の一つなので肌自信も色を感じ取っているんですよ!

似合うピンク色を一緒に探していきましょうね!

ピンク色は、どの色よりも女性を美しくしてくれる色なんですよ!

 

「今まで意識していなかった、 

 ブルーアンダートーンとイエローアンダートーンを知って、

 色を見る幅が広がりました!

 でも、自分でブルーアンダートーンかイエローアンダートーンの

 区別が出来るでしょうか?心配です。」

・・・好き嫌いで色を選ぶのも いいと思います。

けれど、そこに似合う色かそうでない色か?を考えてお洋服選びをすると、

今までとは違った視点で見るわけですから、

より自分を見つめることが出来、結果自信も出てきますよ。

そして、アンダートーンの見極めは すぐには分からないかもしれません。

けれど、初級の8回のレッスン。中級。ベース。パーソナル。

の講座でわかっていただけるように、全力でサポートいたします!

必ず分かっていきますよ!

はい!ここ講座の宣伝でした!

 

「明度、彩度、難しい~!」「もっとわかりやすい図か何か・・・」

・・・ちょっと、説明を ややこしくしてしまいましたね。

でも、今日のところはさらっと、色には「明度」「彩度」があって・・・で、

置いておいて貰ってもよろしいでしょうか。。。。。

色を勉強していく過程で、少しずつ、少しずつ、わかっていきます。

もう一度、中級の方で この辺りを深く学んでいきます。

 

はい!ここも講座の宣伝でした!

 

 

火曜日クラスのみなさまが、

色に対して、とっても関心があることがビシビシ伝わってきて、

私も、とっても楽しいです!

 

来週は、いよいよ似合う色の診断です。

ブルーアンダートーンが似合うのか。 

イエローアンダートーンが似合うのか。

 

楽しみにしていてくださいね!

本日もありがとうございました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・***・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

アッズママンについて

「夢のあるところに人は集まる」
人にはそれぞれ夢があります。
今、自分の夢がわからない人も、ほかの人の夢を聞くことで、忘れていた夢に気づくこともあります。
そして、一人ひとりの心の中にアトリエという空間をもってもらい、夢を形にしていく。
「そのお手伝いができたらいいな。」と思いAtelier Azzumamanをつくりました。

更新のお知らせ

アーカイブ